ACTIVITY -活動報告-

Archive of daily news

TAB yataiとえきまえスクエアパーティの募集について

屋台について。

スクエアパーティを特徴付ける、レンタル屋台の写真になります。ナイトマルシェ時は屋根のないバージョンが標準になっております。

近々組み立て動画も公開予定です。出店者の方は出店申し込みフォームから現在1000円でレンタル可能ですのでお気軽に借りていただければと思います。ちなみに現在7月、8月ともに出店者絶賛募集中です。ウェブサイトからお問い合わせ申し込みよろしくお願いいたします!レンタルされた方は組み立て・解体サポートお願いいたします!

そして今後は販売も予定しておりますのでお楽しみに!

出展者募集ページはこちら

 

2019.06.26 information .

INTERSECTIONS -case03- SLBH01× Hiroshi Ogura

“INTERSECTIONS edit by TAB Journal”とはTABがこれまでに関わらせて頂いた場所や空間で過ごしている方々に焦点をあて、インタビューしていくコーナーになります。

第三弾として2018年3月に竣工した個人住宅「SLBH 01」にて住まい手である「小椋 裕司」さんと設計を担当したTABの河合を交えてインタビューを行いました。

小椋さんは「SLBH 01」の住まい手であり、小椋造園の代表をされています。TABが設計した住宅の庭のデザインもお願いしています。

↓SLBH 01(写真:新建築社)

TAB:そもそもどうゆう経緯で河合とつながったのですか?

小椋:僕がラブレターを送ったところから、、、笑

河合:岐阜県関市の2sr Houseが終わったくらいでしょうか。この住宅が住宅特集に掲載されたタイミングでメールをもらいました。ちょうど羽島市で住宅の現場が進んでいて、庭師の方を探していたところでした。小椋さんは関市に看板を出していて、その看板がセンス良かったので覚えていたんですよね笑
実際に連絡を取って会ってみると、こんな感じの風貌で仕事をきっちりしてくれました。僕の妻と同じ高校ということもあり、完成した庭の雰囲気もいいなと思って、その後の住宅の庭もお願いしていました。

TAB:SLBH 01(Super low-cost big house)はどのように進んでいったのですか?

河合:現場の打ち合わせの帰りに小椋さんから予算1200万円くらいで家は建つんですかね~?と聞かれて、そこで即答したんですよ「できますよ!」と。でも自分のことって最初には言わなかったんですよね。笑

小椋:その日のうちに自分の家ですと言いました。笑 河合さんの建築の考え方を聞いていて、それに共感していたのでお願いしようと決めました。最初は美濃市の土地で計画をしていたのですが、いろいろありまして今建っているこの場所の近くに仕事の機材とかを置く場所があり、職場から近いのでこの場所にしました。

TAB:土地が変わっていますね!土地が変わったらいろいろ変わるんじゃないですか?

河合:土地が変わる段階で予算1200万円でつくるシステムはほぼ出来上がっていて、あとは開口部や水周りなどを調整する段階に入っていました。なので土地が変わっても問題はなかったです。どうぞ。という感じでした。

TAB:どんな要望があったんですか?

小椋:奥さんの工房がほしい。キッチンの下は開いててほしい。トラックが置けること。書斎がほしい。屋根は切り妻がいい。床は杉がいい。などです。一般的な要望としてはかなり少ないですね。

河合:もろもろの要望を4間グリッドのなかでそれらを自由につくったらいいじゃないと考えていました。現にもともと僕が提示していた子供部屋の位置とは違うものになっています。また、奥さんの工房は今は1階でやっているけれども、どこか工房を借りるとなれば、今の場所はまた他の用途に使えるし、子供が大きくなったら仕切りを外して、開放的に使えるしみたいな感じでいいかなと。

↓引き渡し前の様子

小椋:実際にこのグリッドができていく中で、最初はがらんどうの場所でしたが、仕切りを作っていくと雰囲気が変わっていきました。壁一枚で変わっていくのが面白いなと。今は僕の書斎の隣に子供たちの勉強部屋をつくっています。ここは板を縦にするのではなく、横にして仕切りにしていて、2階からの視線の抜けがあるようにしています。

TAB:予算1200万円ということですが、プロセスを教えてください。

河合:建築ってデザインをしていく中で不合理になっていくこともあるなと感じていて、合理的に作っていくことをしたいと思っていたところに、この住宅の話がありました。この住宅は予算1200万円という大きなルールがあったので、徹底的に合理的にしていくことに努めました。合理的にするしか納まらないと思っていたので。笑 小椋さんにも割り切ってもらったし、僕のほうも割り切りがありました。
もともと小椋さんは造園をされているので自分でいろいろ作れるだろうと思い、施主のDIYレベルも加味しながら設計を進めてきました。小椋さんでも施工できるという条件。具体的には合板を切らないというのが絶対条件でした。なので、基本的にはホームセンターで売っている合板をグリッドの中に差し込むことで仕切りを作り、部屋を作っていったり、3層目に合板を置いて床を作って書斎にしたり。大工さんが行う通常の作業よりも簡単な作業で作ることができるようにしていきました。照明も自作でつくってますし。



小椋:”Super low-cost binbo house”ですね笑

河合:確かにそれかも笑。でも建築ってすべての人にフラットであってほしいし、建築にはもともとシェルター的な意味合いもあると思うんです。通常の家を作る予算じゃなくても合理的にしていくことで予算に納まっていきつつ、空間の自由度も獲得できるようなことができればいいんじゃないかと。あとは作っていくことでお客さんの考え方も変わっていくようなことができればよりいいなと思いますね。

TAB:SLBHというシステムは簡単に言うとどんなものなんでしょうか?

河合:SLBHというシステムの根底にあるのは合理的にコストを下げていくことがあります。それをベースにして個々の施主によって仕上げや住宅の機能等は変わればいいと思っています。
SLBHのシリーズは誰でも作れる技術を使って、今までとは全く違うものを作れるようにしたいと思い設計しています。プロの作り手の人以外でもつくれるようにすることは、設計を工夫することで施工が楽になるということ。そこには合理的に設計していることで生まれる秩序や知性みたいなものがあると思っています。

TAB:割り切っているからといって手を抜いているというのではなくて、全体を俯瞰して総合的にこれでいいというちょうど良さを求めているような気がしますね。

TAB:小椋さんは実際にこの住宅に住んでみてどうですか?

小椋:自分で作った部分が多くあるので、いい意味であまり気を使わずに住んでいる感覚はあります。河合さんと一緒に作った仕切りもありますが、その後に自分で足した仕切りもあります。住んでいて思うのは、将来的にもいろいろ変わっていくんだろうなと思います。その時々で変えれるのは、良いなと。あとは近所の子供たちがよく遊びにきますね。なんか楽しいんでしょうね。笑 フロアに節の穴が開いているんですが、そこから覗いたりして遊んでいます。

TAB:この住宅ができて小椋さんの中で何か変わったことはありますか?

小椋:この住宅を作ってから、河合さんに手伝ってもらって家の隣に小屋をセルフビルドで建てました。次は車庫を作ってみようかと思っています。笑小屋はこの住宅の子供みたいな位置づけです。

↓小椋さんが作った小屋の模型

TAB:それはすごくないですか。笑

河合:小椋さんは自分で小屋の模型を作って持ってきて話してくれました。もちろん手伝いましたが、作っちゃうのがすごい。小椋さんの仕事の幅も拡がったんじゃない!?笑 この住宅からいろいろ拡がって嬉しいですね。あと、SLBHシリーズはSLBH 02,SLBH 04も完成したので、いろんなバリエーションも見てもらえたらと思います。

>>
SLBH 01のWORKSページはこちら

小椋造園
504-0815
岐阜県各務原市蘇原東栄町1-35-1 huto
TEL / 090-1411-7216
FAX / 020-4669-1907
mail: info@zooen-shokubutsu.com
Web:www.zooen-shokubutsu.com

2019.06.19 information .

6月22日(土) えきまえスクエアパーティの詳細について

6月22日土曜日の出店者を公開!

6月からえきまえスクエアパーティは雰囲気のあるナイトマーケットに変わります。
魅力的なお店や、お子様も楽しめるゲームなどが噴水広場「水都の泉」に集まります。

えきまえスクエアパーティ6月22日(土)
出店者一覧

17:00- 21:00 ※前回と時間が変わっております
雨天中止

<フード・ドリンク>
1.南原食堂 (洋食)
2.烏骨鶏本舗(スイーツ)
3.パンと猫日和coneru (パン、サンドイッチ)
4.せんべいびー(おせんべい)
5.ムトウさかや(ワイン、生ビール、ソフトドリンク)
6.not curry (スープカレー)
7.山の中の小さなドイツパン工房Hirose (ドイツパン)>>NEW!
8.Cafe Cantina ~カフェ・カンティーナ(フレンチアペリティフ(食前酒)とおつまみ)>>NEW!

<グリーン・野菜>
9.西濃フラワー (グリーン・フラワー・リース)

<雑貨・プロダクト>
10.TAB(木製雑貨)

<その他ゲームなど>
11.ST3RECORDS(DJ)

えきまえスクエアパーティ
6月22日(土)17:00-21:00
会場:JR大垣駅南側 噴水広場(水都の泉)
雨天中止

2019.06.12 information .

えきまえスクエアパーティの募集について

『新しい』市場をつくれたらなってことで昨年から実験的に開催しております大垣のえきまえスクエアパーティ。TABも什器や空間設計、出店、そして運営部分で関わらせていただいてます。ただいま2019年度の6月と7月の出店者を募集中ですので興味ある方はお問い合わせ・お申し込みお待ちしております。

出店のご応募はこちら
えきまえスクエアパーティのinstagramアカウントはこちら

TABで設計した『移動可能』な組み立て式の屋台やゲーム什器の存在はもちろんのこと、『ちょいみせキッチン』があるってことで新規出店者の開拓や既存の出店者のデベロップの機能が備わっていたり、自前ではありますがTABスタッフがメインで進める『ST3RECORDS』(DJ・レコード販売)やGOCCOスタッフが企画した『madnesss kitchen lab』(飲料)といった社内副業推進します!的な出店があるなど、現時点で正しいかどうかはわかりませんが既存のマルシェとかマーケットにはない魅力があると思ってます。他にも様々なアイデアもりもりですが、徐々に実装していけたらと思いますので皆様お楽しみに…。紆余曲折あるとは思いますが、時代背景やテクノロジーの進歩にあわせて本当にいい意味で『新しい』市場が生み出せるよう企てていきたいと思います。
・・・
色々考えてはおりますが、やはり前提にあるのは良質なマーケットイベントを継続的に開催すること!なので、素敵な出店者様のご応募お待ちしております!日が落ちてからは本当に気持ちいい空間になりますので出店のみならず皆様のご来場お待ちしております!

2019.06.10 information .

INTERSECTIONS -case02- GIDS×Atsushi Nakahara, Shinya Nakamura

“INTERSECTIONS edit by TAB Journal”とはTABがこれまでに関わらせて頂いた場所や空間で過ごしている方々に焦点をあて、インタビューしていくコーナーになります。

第二弾として2016年に関わらせていただいた岐阜県本巣市根尾にあるデザイン文化施設+ワーキングスペース「GIDS(GIFU INDIE DESIGN SESSIONS)」にてメンバーである「中原 淳」さんと「中村 親也」さんにインタビューしました。

中原さんはGIDSの中心人物で、グレイセル株式会社代表でありプログラマーとして働く傍ら、山ねこ不動産という不動産業を営んでおり本巣市根尾周辺の物件を取り扱っています。中村さんはGIDSメンバーでKAKKO E 合同会社のデザイナーであり、最近では、根尾地域にある森林を扱う合同会社LOMを立ち上げ、森林プランナーもされています。


↓GIDS

TAB:GIDSが始まるときの経緯を教えてください。

中原:もともと東京で仕事をしていて、子供が生まれたタイミングで奥さんの実家のある岐阜県に引っ越してきました。IAMASのある大垣市にやってきて、GOCCO.やTABという会社があるという情報を教えてもらい、少しの間は両者がシェアしているオフィスに机を借りていました。でも住んでいるのは本巣市の根尾なので大垣まで若干遠くて、実際のところはあまり行かなかったですね(笑)それから自分の住んでいる根尾でもそういう場所を作りたいなと漠然と思っていました。自分で使えそうな古民家とか探したのですが、あまりいい物件はなくて、貸りようとしても貸してもらえませんでした(笑)

根尾でIAMASの金山先生のプロジェクトにも参加したり、地域おこし協力隊の方とも関係をつくり、イベントもしながら活動していました。イベントでは西田さんに話してもらったり、南原食堂の南原さんにも参加してもらいました。そういった活動の流れで本巣市の市長にプレゼンする機会があり、企画書を作ってプレゼンしたら、この場所を貸してくれることになりました。この場所はシルバー人材を派遣する公共の場所だったんですが、稼働していたのは2~3年くらいでその後は空いていました。場所を確保できたので西田さんに相談しようと思い連絡を取りました。

TAB:GIDSをつくるにあたってどんな要望がありましたか?

中原:全体の要望としては、この場所はモノとしてのかっちりした場所を作るということを目指すのではなく、用途がそこまでない状態で、この場所での新たな活動や用途を誘発するような計画、仕組みをしてほしいと伝えました。あと、トークセッションや展示などのイベントや打ち合わせ、デザイナー・イン・レジデンス(滞在制作+成果発表)などはこの場所でしたいこととして伝えました。

地元に工務店さんはいるので一度話に行ったのですが、やはり用途を決めてほしいなぁ~と言われてしまって、カウンターや会議室とかの話になってしまいなんか違うなと。この場所が出来てからはトークセッションや展示などでイベントごとで配置を変えながら使っています。

TAB:これまでにGIDSではどんな活動をされてきましたか?

中原:ここはワーキングスペースとしても活用しているので、普段はここで作業やミーティングをしたりしています。僕個人としてはここで不動産業を始めました。

中村:僕は合同会社LOMを立ち上げてここで打ち合わせしたりしています。

中原:ここで行った活動としては、デザイナー・イン・レジデンスの成果発表だったり、講師を招いての講座だったり。去年はNEO HACK CAMP2018という根尾をフィールドワークして地域の力を探ってアイデアをまとめるようなイベントを行ったりしました。

↓デザイナー・イン・レジデンスの成果展示・成果発表

↓合同会社ROMの設立パーティ

↓NEO HACK CAMP

中原:この場所があることで、いろんな人が来るようになったように思います。この場所で何かやってることで見えていなかった人々が可視化されていくような感覚がありました。

中村:GIDSでたまに焚火をしていてSNSとかにアップするんですが、フラッと人が来たりします。先日の合同会社LOMの設立パーティにも来てくれました。

TAB:根尾デザイナー・イン・レジデンスについて教えてください。

中原:これまでに4人の方たちがここで滞在・制作をしていきました。滞在するデザイナーの方々は6か月間滞在でき、月額8万円支給されます。ここをオフィスとして仕事をしたり、何かを作って売ることや、制作事例として何かを制作をしたりできます。とてもわかりやすい内容なので仕事始めたばかりの人だったり、スキルを持っていて新しく何かを始める人にとってはすごくいい制度だと思います。現にそういった方々が滞在している気がします。

受け入れる方として見ていると、この前来たボディワークやダンスをされている方はどうやってお金を稼いでいくんだろうか?と疑問に思っていたらアートワークとしてのダンス、講演して講演料をもらったり、レッスンをしてレッスン料をもらったりして活動をしているんですね。それを見てなるほど。と思いましたね。自分とは異なるジャンルの方が来て違った視点をもらえるので発見があります。

悩みとしては、4回続けてきて、近所の人たちに伝わっていないかもなぁとも思っています。紙媒体か何かで活動内容を伝えたほうがいいかなとも思っています。

TAB:今後のGIDSとしての活動はどんなことをしていくのですか?

中原:現在、デザイナー・イン・レジデンスはアジアの方、例えばマレーシアやシンガポールなどの東南アジアの方々からオファーが来ていて、この方たちを受け入れるか、どうするか。ということを悩んでいます。来る方たちは実際にこの場所に滞在します。彼らの言語は英語なので地元の方たちとコミュニケーションが取れるのかどうかを心配しています。オファーしてくる方たちは高学歴でPCのソフトやデジタルファブリケーションもバリバリ使える知識もあり、さらに日本に興味を持っているのが伝わってくるのでさらに悩みますね。来てもらったらすごく面白いと思うんだけど。(笑)

中村:僕は森林にかかわることをやっていきたいと思っています。例えば今スウェーデントーチがちょっとずつ売れています。これは間伐材で捨ててしまう木をカットして、切れ目を入れているものです。この地域にはアウトドアインストラクターの人達が結構住んでいるので、そういう人たちがワークショップで使用したりしています。

中原:あとは森林バンクを山ねこ不動産と合同会社LOMと一緒にやっていきたいなと思っています。山ねこ不動産で山を管理して、合同会社LOMが管理したりしていくような形。合同会社LOMの伊藤さんの作業を見ながら、僕も森で木を切るとかの作業もできたらと思っています。(笑)もちろん、山ねこ不動産でいい森林を管理して不動産として貸し出すとかもしたいです。いろんなジャンルをいったりきたりしながらこの場所で仕事を作っていきたいなと思いますね。

GIDS
501-1522
岐阜県本巣市根尾樽見33番地1
TEL:0581-38-3055
mail:gids.neo@gmail.com

岐阜県本巣市根尾地域 滞在デザイナー支援制度 : 第5期 滞在デザイナーの募集
GIDSでは地域に暮らして、制作活動をするデザイナー(クリエーター)を募集しています。ものづくりを生業にする(しようとしている)人なら、ジャンルは問いません。
問い合わせ、見学も大歓迎です!滞在開始時期も、調整可能です。
詳細はこちら

2019.05.31 information .