ACTIVITY -活動報告-

Archive of daily news

Battle pinbowl 2.0


3Dプリンタ、レーザーカッター、ホームセンターの木材や金物で製作するバトルピンボールマシンを作りました。
下記アドレスから3Dデータをダウンロードできますので、是非つくってみてください!(木材のそりや個体差で調整する箇所はかなりありますが、、、)
データ

※製作物の保証はありませんので、楽しく作ってみてください~

 

2021.03.31 digital fabrication, information, work,

瑞穂の家 完成写真

瑞穂市にて建設中でした住宅が完成しました。
SLBH1のコンセプトのマイルドな部分を引き継いだ、シンプルかつ住んだ後のDIYを自発的に促すような間取り・納まりになってます。

住宅部分に併設して、独立したエントランスを設けたスモールショップ開設もできるワークスペースがあるのが特徴です。

2020.10.22 work,

SLBH04の完成写真


だれにでも造れること

■SLBH(Super Low-cost Big House)シリーズ
造ることに興味がある。あるいは欲求かもしれない。この住宅は設計事務所が工事請負をし、設計士自らが設計はもちろん、現場監督、現場作業を行い、設計士・職人・施主の三者で行い造った建築物である。この3つの役割を担いながら、限られた予算内(1800万税別)で職人・施主と造り上げていくために、「図面を出来るだけ書かない」「素材を限定する」「構造・構成の単純化」「造り方の単純化」「余白を出来るだけ作る」といった事を試みた。

図面はもちろん書いたのだが、詳細図や納まり図を書いていない。それは設計作業量を減らすためでもあるが、図示しすぎない事は、より想像を生みだすのではないかと思うからである。三者が想像しき、最適なデザイン・ディテールを話し合い、アウトプットのみならず建築が出来ていくプロセスをも共有することを実践した。素材は各種下地、内外仕上げ、造作、家具、手摺などの垣根を越えてほぼ全ての要素をヒノキ(1等KD)材の30×40、30×105、105×105の流通材(3m・4m)にて構成している。素材を限定することで発注量が読みやすく、転用も出来るため端材はゴミではなく素材になる。その素材により家具が作られ、ピロティに作られる予定の小部屋のマテリアルになる。下地材は安価ではあるが、材としては十分な厚みがあり、質量を感じさせるディテールとすることで、奥行きのある重厚な仕上げとなった。

構造・構成は単純な2層で15本の通し柱により8個×2層のグリットを作っている。1階は筋交いに囲まれたピロティで中でも外にでも成りうる中間領域として存在している。2階は日常生活を受け止める気積の大きい一室空間として存在する。それらは、グリット状の通し柱と梁による単純な架構と、ヒノキ材を切ってビス止めする、材をそのまま積み上げるといった単純なディテールによって造られる。こういった設計・施工の手法を用いる事で、三者がフラットに設計から施工まで参加することが可能となった。三者で作り上げたこの住宅はここでとりあえず完成である。

この先、住まい手は「空間的余白」「施工的余白」「機能的余白」と、ここで得た経験をもとに、使い方の発見や拡張・縮小を続けていく。だれにでも造れるよう設計することで、施主・施工・設計の垣根を越えて関われる領域を広げ、 関与し続けられる場所、状況を作ることで皆が建築に愛着を持ち、 新しい家 づくりの枠組みを作ることができるのではないだろうか。そんなことを考え、今日も設計と施工を行き来している。

 

2019.09.04 work,

岐阜県各務ヶ原市でデザインしたレディースショップ「8circle」がオープンしました。

36485893_10212810324754665_3213695814509527040_n (1)

36539706_10212810324954670_2976176868840964096_n (1)

36515825_10212810324834667_7453428250535002112_n (1)

Before>>>
P_20171130_154822

P_20171130_153855

岐阜県各務ヶ原市でデザインしたレディースショップ「8circle」が先日オープンしました。
お近くの方は是非行ってみてください!
SignaL大月さん、いつもありがとうございます!

CD by SignaL BB
AD by FLAG
設計/内装 by TAB

info
>>
8circle
504-0833 岐阜県各務原市入会町2-1 1F
tel 058 389 2117
open 12:00-20:00 close thursday
parking 有り
https://8circle-jp.com/

2018.08.20 information, work,

BROTHER 1908LAB

ブラザー工業株式会社様の新規事業部が管轄するスペース「1908LAB」のデザインを行いました。 この施設はセッションスペース、FABスペース、プロジェクトスペースの3つの要素で構成されています。 今回の空間は創業の起点となったミシンに焦点をあてコンセプトを組み立てました。まず最初にこの空間のデザインを考えるにあたり、この場所のロゴイメージを作成しました。そのロゴは足踏みミシンの鉄の踏み板のデザインをアレンジしたものです。今回の物件はその昔、ミシンで使用するパーツを鋳物で作っていた場所でもありました。またこの空間を一つの機械に見立てて、踏み板を踏んでいくことでこの場所を動かしていく、アクティブにしていくという意味を込めています。このような思いを込めて踏み板のデザインをベースにして、この場所の名前を配しました。 オレンジのカラーを使用したのはミュージアムに展示してあったミシン「コンパルDX」の配色に着想を得ています。またセッションスペースで使用される椅子は、昔の足踏みミシン用のスツールのオマージュでスタッキング可能になっています。天井の照明の光をミシンの縫い目に見立て、セッションスペースではジグザグ縫い、FABスペースでは斜め縫いをイメージした配置にしています。 このように要素を空間にちりばめて、ストーリーを作り会社のイメージ、雰囲気を盛り込んで全体を構成していきました。 またFABスペースの家具はTABのトラぺゾイドスツールやワークテーブル、セッションスペース用のスツールを社員の有志の方々と一緒にDIYワークショップを行い、この場所を一緒に作っていくというプロセスも体験してもらいした。

<セッションスペース>
IMG_0726

IMG_0732

IMG_0770

IMG_0722

<FABスペース>
IMG_0779

IMG_0712

IMG_0707

IMG_0768

IMG_0682

昔の看板
IMG_0786

最新のマシンも入っております。
IMG_0787
オールドロゴ
IMG_0789
今回のイメージにつながったコンパルDX
IMG_0793
この場所のロゴです。
IMG_0795
古いミシンも展示してあります。
IMG_0798
ラインライト
IMG_0799
サンプルで持ってきたTABスツールも改造できてしまう。TABHACKされてます。IMG_0802

有孔板を使った収納。
IMG_0803
大きな壁面にはホワイトボード塗料を塗りどこでもアイデアを共有できるようにしています。
IMG_0808

IMG_0831
斜めのライン
IMG_0835

担当者の間瀬さんがDIYしたプレゼンカウンター ほかの社員の方がスピーカーを埋め込んでくれました。 IMG_0837
レーザーカッターでカットした棚の蓋
IMG_0843

IMG_0841

IMG_0849

2018.04.24 information, work,